:::: MENU ::::

はたらくリンクプロジェクト(愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト)

「愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」(愛称:はたらくリンクプロジェクト)では、各種セミナーを通し、精神・発達障がい者の方の就職のお手伝いをします。

尾張中部地区、就労支援セミナーを開催いたしました。

  • 9月 09 / 2014
  • 0
お知らせ

尾張中部地区、就労支援セミナーを開催いたしました。

西三河地区・海部地区に続き、9月1日から5日まで、尾張中部地区就労支援セミナーを開催いたしました。

尾張中部地区セミナー

場所は名鉄西春駅から南へ約1kmです。会議室は1室のみで、トレーニングジムや、浴室、その他健診ができる施設でした。
初日はいつもの通りオリエンテーションから始まります。
ここではまだ、参加者のみなさんも緊張感が強く、自分のことをうまく伝えることができませんでした。

その後2限目に「社会生活力」の講義があり、まずは働く人になるために最低限必要な力について確認しました。
この中で「健康な食生活」や、「規則正しい生活リズム」、そして「充実した余暇の過ごし方」などお話しました。
3限目の、「ストレス・疲労のアセスメント」の講義では、Man to Man Passoの内藤が職業センター開発のMSFASを記入しながら自己分析に取り組みました。

尾張中部地区セミナー

こちらは4限目の「先輩談」の様子です。スタッフの永江がお話をさせていただきました。
当事者同士の目線で、意見を活発に交換することができました。このあたりから徐々に参加者が打ち解けてきて緊張がほぐれました。

2日目は本来ビジネスマナーを中心とする時間ですが、今回は予定があるため少し講義の順を変えて開催しています。
「再発予防プログラム」と、「キャリア構築ワーク」を、内藤が担当しました。
再発予防は、もとは「うつ病対策のプログラム」ですが、精神障害をお持ちの方に広く使えるようにアレンジし「コーピングスキル」、「プライマリケア」など取り入れて、ストレスや体調の変化に対処し、働き続けるための「自己管理の大切さ」を学んでもらいました。

2日目の3限目はMan to Manの布垣さんに飛び入りで話していただきました。皆さん、布垣さんの話を熱心に聞いてくれました。

尾張中部地区セミナー

「キャリア構築ワーク」は単に昇進や昇給といった意味のキャリアではなく、個々の人生をより豊かにするためのものであり、それぞれに合ったライフスタイルや、働き方についてのイメージを持ってもらえるようお伝えしています。

3限目の「SST」では、つまずき事例をもとに みんなで就職後の職場をイメージしながら適切な対応ができる職場でのソーシャルスキルを学びました。
セミナー後のアンケートに「もっと発達障害者向けのコミュニケーショントレーニングを入れてほしい」との声をいただきました。
もし5日間の中で取り入れるなら、このSSTの時間だと思うので、今後に生かしたいと思います。

尾張中部地区セミナー

4限目でのグループワークの際のボードです。

尾張中部地区セミナー

「今、就職に向けて困っていること、悩んでいること、迷っていること」についてグループディスカッションを行いました。
梅村講師、いつもありがとうございます。

尾張中部地区セミナー

最終日、栗田先生の「ビジネスマナー」の講習です。
社会人として必要なことを教えて頂けます。名刺交換では、スタッフ同士でお手本を見せることになりましたが、実際のところ正しいやり方を私たちもできていなくてドキドキでした。

午後から「企業向け雇用促進セミナー」を行いました。
今回の尾張中部地区は、商工会との合同セミナーでした。愛知県の産業労働部の方たちも午後から合流し「障害者雇用ネットワーク推進セミナー」として共同開催いたしました。

内容は、先進的雇用事例として、豊通ヒューマンリソース株式会社の松尾様よりお話をしていただきました。
その後アニモも少し事例を発表させていただきました。
続いて愛知労働局の近藤様、尾張中部地区障害者就業・生活支援センターの名倉様、いなざわ特別支援学校の進路指導主事水野先生の順にお話をしてくださいました。最後は意見交換会、交流会を開催いたしました。

運営に関わるスタッフ、資料準備など後方支援して下さる方の力で無事終えることができました。ありがとうございました。

9月8日からは知多地区セミナーを開催いたしております。
10月6日からは東三河北部地区セミナーを開催いたします。
以後の日程はこちらからご覧になれます。
ご参加お待ちしております!

お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ