:::: MENU ::::

はたらくリンクプロジェクト(愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト)

「愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」(愛称:はたらくリンクプロジェクト)では、各種セミナーを通し、精神・発達障がい者の方の就職のお手伝いをします。

西三河北部地区、就労支援セミナーを開催いたしました。

  • 10月 29 / 2014
  • 0
お知らせ

西三河北部地区、就労支援セミナーを開催いたしました。

愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト第6回目、西三河北部地区就労支援セミナー・雇用促進セミナーを10月20日から24日まで開催いたしました。

西三河北部地区セミナー

西三河地区でも商工会議所様の一室をお借りしました。トヨタ自動車の城下町にふさわしく、立派で近代的な施設です。名鉄豊田市駅からも徒歩圏内です。

西三河北部地区セミナー

初日の先輩談にはゲストをお招きしました。初回の岡崎会場に参加し、この度内定を決めたH さんです。
冒頭ビートたけしの扮装のようないでたちで登場しスタッフや参加者を驚かせましたが、本番では真剣に、就職までにスキルアップを目指し努力している様子や、感銘を受けた偉人の名言をいくつもお話しいただきました。

就職以前の活動を指導する社会生活力の時間には新たに職業準備性ピラミッドという概念を取り入れました。他の講義にも内藤さんの持つ専門性が加わり、カリキュラムも進化しています。

西三河北部地区セミナー

2日目は栗田先生のビジネスマナーで始まります。
「マナーとは何か」という考え方に始まり、服装・お辞儀のレッスン、さらに名刺交換の練習や電話対応のロールプレイも体を動かしながらお伝えしていきます。

名刺交換は実物の名刺を手にして、室内を移動しながら全員と交換の練習を行います。
電話対応では、栗田先生持参の練習機でロールプレイの様子を録音し、後から自分の声を聴きながら振り返ることができます。「声が思っているより沈んで聞こえる」「緊張すると早口になり聞きづらい」など、自分ではなかなか分からない欠点に気づくことができます。
慣れと経験が最も大切なビジネスマナーを、体験を通じて教えていただいています。

西三河北部地区セミナー

3日目は梅村さんによる履歴書・面接の講座です。(いつもありがとうございます!)
全員が模擬面接を行います。4限目のコミュニケーションの難しさを学ぶパズルではおなじみのハイタッチも出ました。 このころから参加者の皆さんの緊張もほぐれ始めます。それまで発信の少なかったiさん(写真手前右)は模擬面接の一番手に立候補しました。

西三河北部地区セミナー

4日目、ワークサンプルトレーニングではPC操作や軽作業を通して、参加者の特性や得意・不得意を洗い出していきます。
人前での緊張が強く一見できることの少なそうだったMさん(写真中央)が、軽作業では高い適性を見せスタッフを驚かせました。

西三河北部地区セミナー

最終の5日目は、午前中SST(ソーシャルスキルトレーニング)と今後の就職までの流れをお話しし、午後は企業様向けの雇用促進セミナーという形で進みました。

SSTでは参加者が実際に過去に体験した「困った場面」を想定して、全員で状況を分析し対策を考えた後に本人が実演して見せました。
頭で考えるだけでなく、実際に演じたり観察したりすることで感覚的に参加者に身につくよう取り組んでおります。

就職までの流れを美しく板書してくれたのは永江さんです。内藤さんの説明がよりわかりやすくなりました。

雇用促進セミナーには、狭い会場にも関わらず多くの企業様にご参加いただき、有意義なセミナーとなりました。ご登壇いただいたのは、ハローワーク豊田の大久保様、(株)ゲオビジネスサポートの松本様、豊田市福祉事業団(障がい者就業・生活センター)の市井様。(写真左から)

精神・発達障がい者の雇用の現状や、現場でしか知りえない個々の事例と実際に行った対策まで、わかりやすくお話頂けました。
その後の意見交換会では、事前に参加者から募っておいた質問に参加企業さまからお答えいただきました。

ご協力・ご参加いただいた企業様・団体様、誠にありがとうございました。

 

11月10日からは尾張北部地区セミナー を開催いたします。
以後の日程はこちらからご覧になれます。
ご参加お待ちしております!

 

お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ